公開が始まったばかりの「ゴジラ キングオブモンスターズ」を見てきまして。

音楽:最高。怪獣の登場に合わせておなじみのテーマ曲が流れるのはアツい、2万100点
映像:最高。キングキドラの首同士のやりとりが可愛い、1万点
脚本:あの動機が許されるのは80年代(百歩譲っても90年代)までだぞ、マイナス3万点

よって100点です。

自分は特にゴジラファンってわけじゃないんですけど、2000年頃から映画のゴジラを見に行くようになった程度なので、見ているのは初代とミレニアム以降のメカゴジラシリーズ、ファイナルウォーズ、シンゴジ辺りです。
それでも脚本に対してはこういう感じです。いや、さすがにミレニアムよりは…?(その話はやめよう)。
以下感想なので畳んでいます。映画をまだ見ていない人は見ないでね。
今までは、いわゆる液タブを使っていたんですよ。しかしそろそろ文明の利器にも慣れねば…と思いまして。
買ったらスタジオペイントもついてきまして。こえrコミックスタジオの後続ソフトでしたっけ?
とりあえず接続できたので、コミケまでに慣れなければ…
いつもギリギリですみません。

c95おしながきです。c95 おしながき告知用
告知01
告知02


あとゲスト原稿を寄稿したり、アンソロを主催してたり編集してたりしていました。
告知03

宜しくお願いします。
2018.09.14 夏への扉
自分でちまちま組むよりブログにした方が楽かな〜と思っていたけれど、あんまり書かなくなると、逆に自分で組んでいた方が良かったなとか思ったり…。
当時の記録を残そうと思っても、ブログだとサービスに左右されるしな〜。いやそこは自分でちまちま組んでいても同じなんですが。

夏になったら読もう読もうと思いつつ、ずっと手を付けていなかった「夏への扉」を今年ようやく読破しまして。
でも旦那が持っているハヤカワ文庫版だと文字が小さすぎて読むのにストレスだったので、いわゆるハヤカワ文庫サイズになってる少し大きめの最新版を買ってきて、読了。訳が当時のままずーーっと変わっていないのも凄いよね…。
感想としては、たんぽぽ娘がどうこうって話だとずっと思ってたけれど違ってましたっていう。
ご都合主義というか、男にとって都合の良いことばかりだとは思うけど、カタルシスもあるしいいんじゃないですかね。あと主人公が女性の家事をもっと楽にする為にと色々発明しているから、別に男性視点というわけでも…な感じ。
ネタバレしない程度に感想を書くとこんな感じ。面白かったです。
SFだけどまごうことなき猫小説でした。
道場の引っ越しだとか、自分家の引っ越しだとか、咳喘息を併発して一ヶ月くらい死にそうになっていたとか、とりあえず台所周りと原稿ができる環境を作るのを優先したせいで引越荷物が地味にまだ片付いていないとか、旦那が勝手にMACをバージョンアップしたせいでコミスタが使えない&バージョンアップできない状態になって原稿出来なかったとか、今度はフォトショップがぽこぽこ落ちるようになったとか色々ありましたが、夏コミお品書きです。

c94 おしながきweb
WEB用おしながき 01
WEB用おしながき 03

■8/11(土) 東1K-02a 宙の名前 です。
新刊はミルキィオールキャラ本です。小説はネットのみに掲載されているものの再録ですが、漫画は描き下ろし。
ゲスト様を四名お迎えしております。
よろしくお願いします〜。

あとこちらのミルキィアンソロジーの企画も立ち上げました。
WEB用おしながき 04
詳細は、http://binta.sakura.ne.jp/milky/ をご参考下さい。
こちらも合わせて宜しくお願いします。