公開が始まったばかりの「ゴジラ キングオブモンスターズ」を見てきまして。

音楽:最高。怪獣の登場に合わせておなじみのテーマ曲が流れるのはアツい、2万100点
映像:最高。キングキドラの首同士のやりとりが可愛い、1万点
脚本:あの動機が許されるのは80年代(百歩譲っても90年代)までだぞ、マイナス3万点

よって100点です。

自分は特にゴジラファンってわけじゃないんですけど、2000年頃から映画のゴジラを見に行くようになった程度なので、見ているのは初代とミレニアム以降のメカゴジラシリーズ、ファイナルウォーズ、シンゴジ辺りです。
それでも脚本に対してはこういう感じです。いや、さすがにミレニアムよりは…?(その話はやめよう)。
以下感想なので畳んでいます。映画をまだ見ていない人は見ないでね。
今までは、いわゆる液タブを使っていたんですよ。しかしそろそろ文明の利器にも慣れねば…と思いまして。
買ったらスタジオペイントもついてきまして。こえrコミックスタジオの後続ソフトでしたっけ?
とりあえず接続できたので、コミケまでに慣れなければ…
2018.09.14 夏への扉
自分でちまちま組むよりブログにした方が楽かな〜と思っていたけれど、あんまり書かなくなると、逆に自分で組んでいた方が良かったなとか思ったり…。
当時の記録を残そうと思っても、ブログだとサービスに左右されるしな〜。いやそこは自分でちまちま組んでいても同じなんですが。

夏になったら読もう読もうと思いつつ、ずっと手を付けていなかった「夏への扉」を今年ようやく読破しまして。
でも旦那が持っているハヤカワ文庫版だと文字が小さすぎて読むのにストレスだったので、いわゆるハヤカワ文庫サイズになってる少し大きめの最新版を買ってきて、読了。訳が当時のままずーーっと変わっていないのも凄いよね…。
感想としては、たんぽぽ娘がどうこうって話だとずっと思ってたけれど違ってましたっていう。
ご都合主義というか、男にとって都合の良いことばかりだとは思うけど、カタルシスもあるしいいんじゃないですかね。あと主人公が女性の家事をもっと楽にする為にと色々発明しているから、別に男性視点というわけでも…な感じ。
ネタバレしない程度に感想を書くとこんな感じ。面白かったです。
SFだけどまごうことなき猫小説でした。
2018.05.06 GWは
上高地に行ってきたんですよ。

まさか朝起きたら雪が積もってるとは思わないじゃないですかw
ガチ登山組じゃないから、雨の用意はしていても雪の用意はしてないよ!w

帰る日は気温が下がるって予報ではありましたけども…w
松本に…というか上高地行きのトンネルを抜けたら、空は快晴だし雪なんか全然ないし。

写真はそのうちにでも。
めry
しかし記事を消したらまた広告が表示されてしまうのか…
なんてこった