>「ふたりはミルキィホームズ」はとても面白い作品なのです。「トイズ」という異能力に対して肉薄したテーマであり、秩序を保つ無能力者である「警察」と、混沌を求めるトイズ持ちの「怪盗」の間で、トイズを持ちつつも秩序を保とうとする探偵の揺れる心が描かれている名作

というわけで、今回はこのツイートを見て思ったことをだらだらと。

ただ怪盗の中でも、秩序を求める怪盗帝国がいたりもするわけで。 ゲーム版のアルセーヌはそこが一貫してるんだよね。アニメ版はまぁ…歳相応の未熟さが二幕で露呈したって解釈してる⊂((・x・))⊃
ストリバさんは、特にゲーム版ではアルセーヌが理想とする怪盗像として完成されてるんだけど(ただし歳相応に詰めが甘いというかうっかり属性持ちという欠点つき)、怪盗が自らライバルを育成するという発想は無くて(このアルセーヌの思考は探偵学院が出来たからこそより直接的になったとおもわれる)。
アニメ版はそのアルセーヌの思考が正しく読み取れず振り回されてる印象。あとゲーム版とアニメ版の最大の差は、アルセーヌを異性として意識してるかどうかだけども。
怪盗が探偵と直接対決することでライバルを成長させる、互いに高め合うっていうのは、それこそ怪盗LVS小林の頃、もしくはそれ以前(ホームズの頃)からあったと思うんですよ。ただ探偵学院が作られるようになって、アルセーヌが生徒会長になることによってより直接的になったから、ストリバさんは対応できてない感じがするかなぁと。逆に20は教師な分、順応というかアルセーヌへの理解は早かったと思うんです。
トゥエンティはゲーム版もアニメ版もストリバさん同様根本的な所は変わってない気がします。ただアニメで露出狂になったり自分がプリントされた抱き枕を使うレベルのナルシストにだけで…。ストリバさんよりはアルセーヌをちゃんと理解できてるし、ゲーム版の方がよりツーカーな間柄かなぁと。逆にラットは、怪盗Lも小林も知らない新世代怪盗で、知らないからこそ他の三人と比べて縛られていないんじゃないかなぁと。探偵学院出身という怪盗はこれから出てくるだろうけど、それの先駆け的な存在になりそう(多分本人は分かってないし意識してない)。
アルセーヌはゲーム版の言動から察するに、元々は探偵を志していたけど母親を強盗モドキのチンピラ怪盗に殺されて、このままではダメだと怪盗サイドの意識改革を高める為に怪盗になって、そこをLに誘われた気がする。ヘタしたら、母親を殺した強盗モドキの怪盗すらLの差し金の可能性もありそうだけど。
というわけで何が言いたいかというと、怪盗帝国結成までの「怪盗はじめました。」をください!ってことです(・∀・)

自分が二次創作で書くときは、大体こんなイメージです。
とりあえず公式がやる前に自分の中の妄想を形にしておきたい…w
2015.05.10 まぁその。
>セックスをぼやかして言わせた時に「いいこと」って言う奴と「いけないこと」って言う奴に分かれるのとても面白いと思います

20さんは「いいこと」で「ストリバさんは「いけないこと」って言いそうなイメージ。 アルセーヌ様は多分前者。エルキュールちゃんは後者。オペラ先生は…相手に合わせて言い方変えてきそう⊂((・x・))⊃
アニメではいつトイズ取り戻したのかってなるけど、もう時系列として、ゲーム1→アニメ一期→アニメ二幕→武道館→ゲーム2→ふたミル→TDな感じで、二幕後のふたミルでミルキィ達のトイズが戻っているのは、武道館のアレでトイズを取り戻したって事で良いんじゃないかなぁ…。
>ミルキィ1女騎士感あるのはストリバさん(CV寺島拓篤)

ミルキィ男性キャラでいわゆる姫騎士シチュが一番似合うと思ってるのはストリバさんだけど、必死に頼み込んだら勢い(と情、これは相手による)に流されて一番ちょろいのもストリバさんだと思ってます。まぁ私が書く20ストは大体そのパターン⊂((・x・))⊃
ストリバさんを押し倒すなら「勝った相手の言う事をなんでもきく」という条件で勝負して、訝しむようなら「自信ない?」って挑発すれば多分引っかかる。で、勝ってから詳細出して拒否してきても「何でもするって言ったよね?」って返せばぐぬぬってなるからちょろいと思います。
あとストリバさんはトランプゲーム(ババ抜きとかポーカーとか)に微妙に弱いのに(顔には出ないけど運があまりよくない系)、あまり自覚してないイメージがあるので、物理的な勝負よりもそういう勝負に持っていけばちょろいイメージ。


というわけで、ストリバさんの薄い本ください!
2015.05.07 大坂が来い。
二日目は大坂へ。何故なら京都は各地でお祭り中で大変だからです。
……嘘です、大坂なんばゲマのミルキィ展を見に行くためです…。あと今回泊まった宿が、旅館という名前だけどほぼ民宿のような感じで、朝食の時間が固定されてましてねぇ…。

というわけで、詳細はそのうち。
都内は晴れてて、でも京都駅では小雨状態だったものの、まずは鷹ヶ峰へ。雨止んだせいかずっとウグイスが鳴いてました。
CEJcQAuUUAAak1D.jpg
CEJ40vBUIAAbbWx.jpg
悟りの窓と迷いの窓で有名な源光庵です。

光悦寺の入り口。ここは紅葉のトンネルで有名らしく。境内はお庭をみる感じですね。
CEJ5uPAVEAA64L2.jpg
CEJ5t0iUkAAhpiJ.jpg
CEJ5tsaUsAEnYwf.jpg

お庭の最奥はこんな感じ。
CEJ57k1VEAAR8LD.jpg

そういや、近くにあった鷹ヶ峰小学校の校章がカッコ良かったです。五芒星いいなぁ…w
あとは釈迦谷の方へ歩いて、紅葉谷を通って古田織部美術館へ(最近できたぽい)。 織部焼だけでなく立山右近など古田織部と関連した武将の書籍とかありましたが、へうげものはありませんでしたとだけ…。

晩御飯は「はらへりあらたの京都めし」に載っていたジビエのお店に行ってきました。生ハムとチーズ3種の盛り合わせ、雉とからし菜とコーンのキッシュ、鹿肉のローストにブルーチーズソース、鴨です。鹿が凄く柔らかくて美味しかった〜。
CEKoovUUIAIwyHa.jpg
CEKooveVIAAFsQg.jpg
CEKoovgUUAAHV9E.jpg
CEKoow-VAAAM0xW.jpg

デザートのチョコレートキャラメルプリン。チョコが凄く濃厚で美味しかったです。しかもこれだけ食べてグラスワイン白×2、赤×2飲んで2人で9000円という…。
CEKqMGQVEAAwaw0.jpg
ライブに合わせてランドマークタワーに前日&当日泊してまして、お昼前くらいに帰宅したんですよ。
で、旦那が何か荷物の受取があるとかで先に実家に行って、一緒にお昼を食べに行くついでに実家に寄ったら「奥さん宛ての荷物が届いてるよ」と言われまして。なんだろー?と思って受け取ったらコレでした。

CEDtb0eUgAANnoF.jpg

横浜ウォーカーの読者プレゼントの色紙キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!
しかし当選しているのにも吃驚したけど、まさかこんなに早く届くとは…。
というわけで前日からランドマークタワーに泊まって、パシフィコの国立大ホールに行ってきました。潮風が気持ち良かったです。
CD-45HdUgAA5G8w.jpg

物販の奥にトイドラのコーナーがあってそこで携帯クリーナー(ゲームショーのと同じもの)が貰えたんですが、総合PD撮影会会場になっていましたね…。
あとミルマークを使うくじ(というかガラガラ回すやつ)は、9回回してC賞のハンカチ3枚とシールゲットという⊂(^ω^)⊃
CD-jCxPVIAAEhYg.jpg
CD-jC7lUEAAMjm2.jpg
しかしライブのチラシの中にバディファイトのデッキ&スリープセットが入っているとは思いませんでした…w

というわけで、ここからライブの感想です。箇条書きです。ネタバレしてるよ!
明日は『探偵オペラミルキィホームズTD とろとろどんどんライブ』なので今夜からヨコハマに泊まっています。ランドマークタワーにいらっしゃい!とか言うとラスボス感あるよね。

しかし今回のライブ名は何故「とろとろどんどん」なのか。
ファンにも謎です。
ライブで判明するかどうかも謎です。
そもそも何故アニメ第四期が「TD」だったのかというのも割りと謎です。公式的には「とってもどっひゃー」らしいんですが、「とってもダメダメ」とか「トラブル ディゼクティブ(探偵)」とか色々含んでいる雰囲気。

とりあえず今回は、ライブ名にアニメシリーズ名がついているので(最初はミルキィホームズTDライブ(仮)でした)、武道館みたいにアニメのノリのシナリオ仕立てというか舞台構成になっていると思うので楽しみです。
チケットは完売しているんですが、ニコニコでライブ当日の深夜に有料で放送するらしく。

▼5月2日(土)に開催される「ライブ 探偵歌劇 ミルキィホームズ TD 『とろとろどんどん』」について、ライブ終了後のanimeloLIVE!での最速独占配信が決定しました。
http://live.nicovideo.jp/watch/lv219464302

リンクを貼っておくので、アニメは全話観ていたけれどわざわざライブ行くほどでも…という方は如何でしょうか(宣伝)。
値段は1,100円、タイムシフト不可でリアルタイム視聴のみですけども。

アニメのミルキィが好きな人には武道館ライブ円盤もオススメです。
ナレーションや台詞で「石流さん」って出てきたのが不意打ち過ぎて、もうね、最高でしたね…。
というわけで、今度のTDライブでも誰かの台詞で「石流さん」とか「ストーンリバー」って出てきたら成仏しそうになっていると思います。キャラが出ていないのにそれで満足なのかって言われると「イエス」と即答するくらいにはアニメTDで台詞と出番なかったからね!(涙)

ミルキィTDは、最終話まで見てようやく気づいたんですけれど、ゲーム版と同じフォーマットだったんですよね。ゲームでは指揮官だったのが今回は依頼者だっただけで、ミルキィと出会い、関わることで、自分の進むべき道を見つけ、分かれる。そういう点で見れば、綺麗にまとまっていたなぁと思うのです。
ゲーム版主人公の小林先生と姫ちゃんはミルキィと同じ探偵だから、進む方向が違ってもまた交差して出会う(再登場)したりはするんですけど、茉莉音ちゃんはトイズを持っていても(結局最終話までトイズ演出は無かったなぁ)道が違うので、アニメのTDでしか登場しなくても違和感ないというか。
なので今回全然別の怪盗事件を追っていたから、怪盗帝国の出番が無かったのは仕方ないな……なんて思うと思ったか〜! 思考では納得してても感情では納得ませんよ、ええ(ノ∀`)
アニメ一期&二幕みたいに学院でのミルキィ&怪盗帝国のシーンとか見たかったんだよぉ…。ただでさえ二幕以降、学院のシーンが減っているというのに…。

とりあえずアニメTDでストリバさんの出番&台詞がない分は、月刊ブシロード5月号に掲載されている水島先生の漫画(小説版のコミカライズだけれど、4.5.6月号分はオリジナル展開なのです。5月号はラット主役(+シャロとネロ)の怪盗帝国話だったんだよ!)で補充しました。
ストリバさんのまともな台詞が、今のところ「ふたりはミルキィホームズ」11話の「武運を祈る」が最後という現実からは全力で目をそらせたいと思います。