平成ライダー、小説に変身!TV版の脚本家が執筆
http://hochi.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20121013-OHT1T00052.htm

ついにきたか……!(ガタッ)
まぁ平成ライダーは剣以外は全話見ているので、なんだかんだで全巻買っちゃう未来が見えます。
しかし最大の問題は、響鬼を誰が担当するかです。響鬼です。大事なので二回ry
響鬼に井上御大起用だけはホント勘弁して下さい。井上御大にはアギトや龍騎や555やキバなど他に優先するべき作品があるじゃないか!
とりあえず電王に関しては、どういうことなのか小一時間ry。いや、書けるのわかってるけどさ……どうしてこうなった!(靖子にゃんがゴーバスターズとジョジョで忙しいからです)

なんか発売日や執筆陣は講談社のサイトによるとコレで確定ぽい。
ttp://kodomo.kodansha.co.jp/shousetsu_rider.html
11月30日
クウガ(荒川稔久 著)
カブト(米村正二 著)
W(三条陸 著)
オーズ(毛利亘宏 著)

1月31日
龍騎(井上敏樹 著)
アギト(岡村直宏 著 井上敏樹 監修)

2月28日
555(井上敏樹 著)
キバ(古努田健志 著 井上敏樹 監修)

3月29日
響鬼(きだつよし 著)
電王(白倉伸一郎 著)

4月26日
剣(宮下隼一 著)
ディケイド(鐘弘亜樹 著 井上敏樹 監修)


うっわー、表紙びみょー
良かった、響鬼にきださんがきたか……!(ガタッ)
井上御大の監修多すぎだろうw 
555だけは新作じゃなくて、放送終了直後に発売された「異形の花々」の加筆文庫化って話はマジなんだろうか。書き下ろしは龍騎だけか。
とりあえず井上御大の小説は、高校生時代に「わーい、ジェットマンの小説だー」と本屋で手にとっていきなりR18シーンから始まるという洗礼を受けたので、555は平気でしたよ、ええ……。他には3巻ラストで明確に凱が死んでる描写もあったし(微妙にグロというね)、おかげでジェットマン小説はトラウマなんだよ!w

ディケイドは、正直會川氏が構想していた最終回とか読んでみたかったけど、まぁ無理だろうなぁ。というか剣は會川さんじゃないのか。とりあえず小説版で今度こそ鳴滝さんの正体が明かされるといいなー。
しかし555の劇場版小説って、GOSICKの桜庭さんが執筆してたのか……。当時はまだデビューしたてだったしなぁ。調べてみたら図書館にあったから、借りて読んでみようかな。
あと最近出てるといえば、ユリイカ別冊の仮面ライダー特集本。


ユリイカ2012年9月臨時増刊号 総特集=平成仮面ライダー 『仮面ライダークウガ』から『仮面ライダーフォーゼ』、そして『仮面ライダーウィザード』へ・・・ヒーローの超克という挑戦ユリイカ2012年9月臨時増刊号 総特集=平成仮面ライダー 『仮面ライダークウガ』から『仮面ライダーフォーゼ』、そして『仮面ライダーウィザード』へ・・・ヒーローの超克という挑戦
(2012/08/08)
白倉伸一郎、國分功一郎 他

商品詳細を見る

平成仮面ライダーの関係者のインタビューや評論がみっしり詰まっていて面白いんだけど、文字が小さくて読みにくいのがネックです。
まさかこれが寄る年波というやつなのか……(((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル
Secret