上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
京都三日目。といってもほぼ帰るだけですが。
崇導神社に行って御朱印やお守りを……とか思っていたのですが、検索してみると「1/4に行ったら社務所が開いてなくて無理だったので、今年は1/2に参拝してお守りゲット」と書かれたブログを発見。
4日で無理なら6日はもっと無理じゃないですかヤダー!

というわけですっぱりと諦めて、京都文化博物館にて八瀬童子展示を開催中と旅館のチラシにあったので、京都駅の地下に荷物を預けてそちらに行ってきました。
八瀬童子というのは、簡単に説明すると、出町柳駅から大原方面に行く途中にある「八瀬」に住む、天皇の棺を担ぐ役割を担っている人々のことです。詳しくは小松和彦先生や綾辻行人先生の京都本を読めばいいと思うよ!
まあ私の守備範囲ってことで大体お察し。
歴代天皇名で出された朝廷からの書状や昭和天皇の葬儀に関する書類など、貴重な資料がいろいろ展示されてて面白かったです。
京都文化博物館は初めて行きましたが、六角堂のすぐ近くだったんですねぇ。
で、博物館の物販コーナーを覗いていたら、近くにこんなものが。

0105−京都文化博物館
はてー?(・∀・)
帰宅後に調べてみたら、どうやらこの博物館で1話先行上映会をやってたみたいです(映画などを上映できる施設が博物館内にあるのですよ)。
画質が悪いのでちょっとわかりにくいですが、立て看板の足元には声優さんのサインがありましたよっと。

博物館の後は六角堂に行って、京都駅に戻ってちょっと早めのお昼を食べて、13時の新幹線で帰宅。
いつもとくらべてゆったりとした京都旅行でした。
八瀬童子展は旅館のチラシを見なければ気付かないままだったので、しかもちょうど開催中で(来週末の連休だと展示は終了してた)、今回はコレが一番のめっけもんだったなー。
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。