2013.04.04 元ネタ的に
トゥエンティが、実は明智家を出奔した小衣ちゃんのお兄さんでしたーという展開が来ても私は驚かない。いや、二人共同じ金髪と青い瞳だし……構ってもらいたい派だし……好きな人には尽くす派だし……。
確か映画「K-20 怪人二十面相・伝」では明智小五郎=怪盗二十面相だったのですが、原作の小説「完全版 怪人二十面相・伝」とは全然違うらしく。原作は二十面相視点なんだとか。
でもまぁ、映画の方はあのオチはバレバレだったよね。そして婚約者がいるくせに明智がすげぇホモ臭かった印象しか。 あの映画に神津小林のあれっぽい雰囲気と怪盗Lの「小林クゥン!」のルーツをちょっとだけ感じてたり(それもどうよ)。

スリーカードの中では、ラットやストーンリバーはアニメやゲームの言動から育ちや過去を想像しやすいのですが、トゥエンティだけはあんまり思い浮かばないんですよねぇ。いや、考えてはみるんだけど。親も似たようなトイズの持ち主で、変装のトイズは自我をちゃんと持ってないとまずいってことで教育してたらうっかり重度のナルシストになっちゃったテヘとか、諸事情により母親がホシノ・ルリ並の無表情さなので笑顔にさせる為にああいう道化的な性格になったんじゃないかなーとか。でもどれもしっくりこないというか。
かといって二次創作でトゥエンティが小衣ちゃんの兄説で書くのは色々と怖いわけで。いや、一番しっくりくるんだけどソースないし。あ、エイプリルフールネタでやればよかったのか……(もう終わりました)。

とりあえずゲーム版では、アルセーヌの仲間になった(出会った)順番は、ユタカ→20→ストリバ→ラットかなーと予想しています。トゥエンティは、アルセーヌ本人のこの怪盗を仲間にしたい!という事前調査&リクエストと怪盗Lによる引き合わせ、ストリバとラットはアルセーヌの事前調査によるスカウト的な。
ゲーム版アルセーヌ的には、一番頼りにしてる→ストリバ、一番お互いを理解し合っている→20、一番手をかけている→ラット、一番可愛い→ユタカ な感じかなーと。

あれ、トゥエンティの話をしていたつもりがいつの間にかゲーム版の妄想語りに……。
あと続きはミルキィの二次創作的な話です。BLネタ含むので注意。
京都話の前に、頭の中にあるBL話を吐き出す感じで、いまラトストなR18話を書いてます。
モチーフは坂口安吾と梶井基次郎です。
これ、ストラトでもいけるしストエリのR18でもいけるんじゃね……と思わなくもないのですが、ストリバさんが右側にいる話が読みたいんだよぉぉぉぉぉ!誰か書いてくれよぉぉぉぉ!
で、二幕10話前のネタとかそれ以外で20×ストリバネタがあるので、次に20ストリバを書いておこうかと思ったのですが、昇段試験もあるので先に京都話に手を付けることになりそうかなぁ。キリがいいところまで書き上がった頃には、夏コミ当落が出てる時期になってそうな予感がしますががが。
ストエリや根津ネロなどノーマルカップリング要素は京都話の方でやるつもり……というか、アニメ本編のような雰囲気で、ほんのり匂わす感じくらいの描写を目指しているつもりです。1期3話の「ボク(俺)たちやればできるじゃん!」なノリが目標。ストエリは……ええと二幕8話くらい?


Secret