上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
演目は「紅葉狩り」です。
「演目的に興味あるかなと思って」とチケットを頂きまして。ありがたやありがたや。

信オンをプレイしていた人には「信濃で首飾りや肩掛けをドロップする人」でお馴染みの紅葉(くれは)さんです。美濃の山裾にも「紅葉狩り」って敵NPCがいたけど、元ネタがこれ。
元々は能で、歌舞伎になったのは明治以降なんだとか。知らなかった……。

1時間くらいの演目なのですが、今回は上演前に「歌舞伎のみかた」という20分ほどの解説コーナーがついていました。舞台装置など基礎的なことを若い歌舞伎俳優さん(15歳と20歳)が説明してくれたのですが、常磐津、竹本、長唄の違いを説明するのにガリレオのテーマ曲をそれぞれ演奏してもらうというのが、非常に分かりやすくて面白かったです。同じ曲でも、常磐津、竹本、長唄だと微妙に変わってたんですよねー。

演目の方も、元ネタの話はよく知ってるし、舞台横の細長いスクリーンに歌詞の字幕が出るので、分かりやすくて面白かったです。
0610-歌舞伎紅葉狩り
写真は国立劇場の大劇場入り口に展示されていたもの。こうして間近で見ると結構大きいですね。
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。