右顔面神経麻痺になりまして。
気付いたのは金曜だったか土曜だったか…。
前兆としては、右目が妙に乾くという症状が出てたんですよ。ただ冬コミ原稿をしてて、今回は漫画やイラストで30P程PCで描いていたので、それかなーと思っていたんですよね。目薬何度もさしつつ。
で、金曜の昼間に、お仕事(馬車馬時代)してた頃に時々起きていた右目下がピクピクする現象がかなり久々におきて、これってストレスで起きるやつだよな、おかしいなー?と思いまして。
土曜朝にはっきり自覚というかオカシイ!と把握したんですが、歯磨きした時、昨日みたいにクチの中を漱げなかったんですよ。何故か唇から水がこぼれる。で、目元の化粧をしようとしたら、左目は軽く閉じていつも通り化粧できるのに、左目より楽にできる右目だけを軽く閉じるウインクが出来なくなってる。
で、変だなー?と思って鏡を見てたらですね、心無しか右頬だけがげっそりしている感じ。しかも笑おう唇の両端を持ち上げたら、唇の右端だけ持ち上がっていないんですよ。左側は普通に動いているのに、右だけ動いていない。

あれ、これなんかやばくね?
っていうかこういうの、脳梗塞の初期症状とかで無かった??

というわけで、月曜に旦那のかかりつけの渋谷の病院に行って、大学病院の紹介状が出されて、それもって移動して、神経科診察のあとは血液検査とか耳鼻科で審査&色々検査を半日程。

脳梗塞の初期症状じゃなかったよヤッター!
診察でハンマーみたいな道具で軽く叩かれたりとか色々なんかされたんですが、どうやら大元の脳は問題なく、末端の神経がウイルスで炎症を起こしているんじゃないかと。しかもかなり初期で軽度の状態で来たので、薬を飲む過程でちょっと症状が進むかもしれないけれど、まあ大丈夫でしょうということでした。
それでも飲む薬の種類が多いし、日によって個数が変わってくるので、ちょっと面倒なのですが。
右半分をお面で隠さないといけなくなるよりはね、うん。

というわけで、年末休みに突入する前に気付いてすぐ病院に行って良かったね、というお話でした。

弓を始めた頃からお世話になってた人が急逝されたからなあ……そういうのもあったのかなあ……。


Secret