弓道の道着とか袴とか足袋とか全部持ち帰って洗濯して、今日道場に行ったら帯だけ持っていくのを忘れたァァァァ!
仕方ないので私服の上から胸当てとかカケを付けて巻藁だけやって帰ったんですがね。
たまにこういううっかりが発動するので怖いですね。まぁこれが日曜の地区例会でなくて良かったんですけども。


というわけで、未だ夏コミ原稿の絶賛修羅場中ですが、ゲッキンのミルキィホームズ漫画が最終回だったのでその感想です。単行本が非常に楽しみなのですよ。
例の如くストリバさんぺろぺろしか言ってないので続きは下から。
ミルキィのせいでペロリストに目覚めそうなんだがどうしてくれる。
……いや、実際にモニターとかをぺろぺろするわけじゃないですけども。





ストリバさんペロペロ(*´ω`*)
いや、いつも前フリで使う割には実際言ってないので、一応言っておこうかと思って。

ストリバさんぺろぺろ。
大事な事なので二度ry

それはさておき、ゲッキンの漫画感想。
実は先月号との二話構成だったのですが、ミルキィ二幕で観たかった最終回展開はこういうのだったんだよぉぉぉぉぉぉ!という私の願望がみっしり詰まっておりました。
ラード神も嫌いじゃないけど、森・アーティが暗躍してて、アルセーヌが洗脳されるなどして正気を無くしている状態になっているところからスリーカードやMHが共闘するような熱い展開が観たかったんじゃよ。ありがてぇありがてぇ。
そういやゲーム2もそんな感じになりそうな雰囲気ですよねー。楽しみ楽しみ。
あとはストーンリバーさんが目立ってるのが嬉しいなー。作画もイケメンだし。
作者さんのサイトを見ると、最初の案では元気玉シーンにスリーカードも混じってたとか色々変更点があったらしいので、変更前の初期版も見てみたいなーと思ったり。
宝石に操られた状態のアルセーヌ様の衣装も結構好みです。


それはさておき、今日は8/1だから801の日らしいですよ。
……そんな情報は知りたくなかったなァ。
Secret